オーディオブックを利用しています

最近、白内障ぎみで本が読みにくいのでAmazonのオーディオブックオーディブル利用するようになりました。
1ヶ月無料で試せてその後1ヶ月1500円聴き放題サービスを私は利用しています。

目の老化が怖くなり・・・

白内障よりもわたしは近視が強いので緑内障の予備軍でもあるかとが深刻と医者に心配されました。

突然、一年前から飛蚊症になり、目ついて気にするようになりたした。

先日は朝起きたら目に網目のようなものが見えて、怖くなってすぐに眼科に駆け込みました。

眼科医には今の時点で何か病気ではなく、飛蚊症など目の老化現象によるこということですが、もし失明したらなどと考えただけで怖いです。

基本的にスマホの見過ぎなので、とりあえずあまりみないようにしようと思いますが難しいです。

そこで気休めですが、めがねと携帯とテレビにブルーライトカットのシートをつけてみることにしました。

効果はよくわかりませんが、やらないよりはやった方がいいかなという感じです。
気持ちの問題です。

今まで電子書籍をみていましたが、読みにくいのでオーディオブックとゆうチューブの音声をよく聞いています。

オーディオブックは限られた作品しかありませんが、自分が知らない本も聴き放題の中にあるので知らない作品を知ることがまたできてよかったです。

結構過去の話題作がありました。

 

オーディオブックの利点

家事をやりながら、車を運転をしながらオーディオブックは聴けるので本を普通に読むより生活の時間を有意義に使えます。

ラジオでもいいのですがラジオのCMが鬱陶しいのでオーディオブックが好きです。

アマゾンのオーディオブックは一ヶ月試せます。
私は1ヶ月試してそのまま利用しています。

この本『反応しない練習』を以前電子書籍で購入しましたがオーディオブックの中にもありました。

私がオーディオブックを好む理由。

オーディオブックのよいところは車に乗りながら、電車に乗りながら聴けるところです。

タイマーがついているので寝るまえにも聴ける。

アイホンでオーディオブックをききながからネットも見られる。
私はそこを重要視しています。
YOUTUBUだと音声を聴きながらネットが見られませんので。

オーディオブックのよいところ

音の速度変えられる。
朗読はプロがやっている。
誰なのかよくわからないけど知らないけど面白い音声情報に出会えたりする。

清家ゆうほさんという方の本の紹介は面白いです。
調べてもどういう方なのかよくわからないのですが、元リクルートの社員の方のようです。
有名じゃない方なのでその分本音言ってくれます。