まずはメルカリで自分が出品してみましたが・・

家の不用品を少しにでもお金に換えようかとメルカリを利用してみることにしました。

確かにアプリをダウンロードしてみると、手順は楽だと思いました。

最初は自分の履かないズボンを出してみようと思い、未使用のズボンを二本出品してみました。
似たようなズボンの相場を調べると1000円ぐらいだったので1000円ぐらいで出品してみました。

もし買い手がついても利益は数百円なので、梱包や発送作業が面倒だなと思いつつ、売れるのかどうか試してみました。

数日経ちましたがいいねが2,3ついただけで全く売れる気配がありませんでした。
値段を800円ぐらいにもしてみましたが反応がなかったので面倒になって出すのはやめようと思い、出品はやめました。

自分がメルカリで買う立場になる

もうメルカリの利用はないなと思っていたのですが、欲しいレシピ本がアマゾンになく検索していたところ、メルカリに多数出品されていることがわかりました。

それで今度は買う側としてメルカリを利用してみることにしました。
本はすぐに送られてきて特に問題ありませんでした。

ただ売っていただいた相手のプロフィールの名前のうしろに「値下げはいたしません」とついていて、なんか感じ悪いなあという印象でした。

後にメルカリについて調べたところ、値下げ交渉してくる利用者がいるらしいのでそれを避けるためなのかと納得しました。

その本の取引は何の問題もなく終わったので、買う側としてはメルカリはよいのではないかと思い、買う側として利用し続けようと思いました。

子供の洋服を買ってみる

子供のスーツで良いスーツがないか探していたら、安くて良さそうなものを出している方がいたので迷いもせず買うことを決めました。

するとすぐに丁寧なメッセージが送られてきたので、しっかりした普通の方が売ってくれるんだなと思いました。
私はスーツのサイズと写真を確認して納得して買いました。
特に質問などしなかったので、すぐに洋服は発送されてきたのですが、開けてびっくりしました。

写真の色と現物の洋服の色が全然ちがうのです。
私は自分が色盲なのかと思うぐらい自分が想像していた洋服の色と写真の色は違っていました。

すぐに売ってくれた方に色が違うんですけどというメッセージを送ったところ商品は同じものですという返事がきて、どうやら画像の色が実際とかなり違っていたようでした。

相手の方はそれを全く気にしていないようで、私の商品の色が違うんですけどというメッセージに対して以下のようなメッセージを送ってきました。

送られてきたメッセージ

商品は、写真のものと間違いありません。
写真加工をしたわけではないのですが・・
色の記載をしておらず、申し訳ありませんでした。
質問等ございましたら、購入前にお願いしております。
返品も可能です。
返品の際の送料は、購入者様のご負担でお願い致します。

 
返品は受け付けるけど、送料はこちらもちということでした。

そしてこちらが実際の商品とメルカリに載っていた画像の写真です。
私は色が違いすぎだと思うのですが、特に色について説明もかいておらず、私もまさか写真と実物の写真がこんなに違うことを想像していませんでした。

メッセージには写真加工をしたわけではないのですが・・とあったのですが、むしろ、本物の色に近づけるように画像加工すべきではないかと私は思いました。

上が出品用に出されていた写真です。

下が実際の写真です。

私は茶色系のスーツを想像していたのですが、実際は紺黒系でシャツは水色、ベージュだと思っていたベストはグレーでした。

メルカリ
メルカリ
メルカリ
メルカリ

 

写真だけを信じて購入してしまった私がいけなかったようなのですが、このような取引になってしまうとやっぱり面倒くさいなあと思いました。
送られてきた洋服は悪いものではないので返品せずそのまま利用する予定ですが、洋服だと双方の感覚の違いでトラブルも起こるということがわかりました。

出品する側も買う側も洋服は注意することが多いのではないかと思います。
私はどちらの立場も面倒で無理だなと思いました。

本などだったらトラブルはないのではないかと思います。

洋服などの取引は難しいのではないかと思いました。

調べてみたところ、メルカリ疲れで辞めたという方は多いようです。
値切る人がいたり、支払いをしない人もいると書いてありそれも驚きました。

今後はメルカリは本などでどうしても欲しいものがあったときだけ買う立場で利用すると思います。

スポンサーリンク