5時に夢中 『中瀬親方のエンタメ番付け』6月場所

book

今更ですが録画して見忘れていた6月30日5時に夢中の中瀬親方のエンタメ番付け6月30日放送分があったのでこちらにその内容を記載しておきます。

関脇 漫画 『波よ聞いてくれ 』

波とはラジオのこと。
舞台は北海道札幌。
主人公は残念な美人という設定。
パンとスープカレーのお店で働いていた主人公が酔っ払って失恋トークをラジオ職員に話すとラジオでそれが公開され、それをきっかけにスカウトされDJになる。
会話が面白く主人公が魅力的な漫画。
話題になってる本。

これは読みたいです。

大関 『夜を乗り越える』又吉直樹著

 なぜ本を読むのか?文学は何が面白いのか?に対する彼の答えなど太宰、芥川との出会いについて書かれている。
本が人生を変えるということを再確認させてくれる。
書き手だけではなく読み手としても文学に向き合っている又吉さんがわかる本。

超えられない夜を迎えてしまう人もいるという意味でこのタイトル。

本をなぜ読むのかという疑問に答えてくれる本。

横綱 トーンテレヘン著 『ハリネズミの願い』

オランダの医者で作家トーンテレヘンの本。翻訳小説。
友達をつくりたいハリネズミの話
59章からなる。
 いろんな動物と色々な出会いを通した話。
中瀬編集長は孤独を感じている人に読んでもらいたい本を言っていました。
谷川俊太郎が帯を書いて絶賛している本。

 

感想

今回紹介されていた三冊は全部読んでみたいと思いました。
又吉さんの『火花』を今更図書館で借りてみようと思ったら750人待ちでした。
いまだに人気があるんですね。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク