映画
映画

子供がテレビを占有しているのであまり私はプライム会員で映画を観ていないのですが私が観た数少ない映画の中でおすすめの映画を紹介します。

プライム会員になっていればテレビだけでなくタブレットなどでも作品を視聴できます。
でもやっぱりどうせ観るならテレビ画面で映画は観たいです。
Fire TV Stick

私がおもしろいと思った映画

最強のふたり

映画館で観てその後、ツタヤでも借りてみたぐらいお気に入りの映画です。
プライム会員で視聴できる映画なのでとても嬉しく思い、また観てしまいました。

フランス映画で実話が元になっています。
万人する受けする映画だと思います。
主役の黒人俳優がイケメンです。

『最強のふたり』(さいきょうのふたり、原題: Intouchables)は、2011年のフランス映画。頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたドラマ。

ウィキペディア 最強のふたり

最強のふたり (字幕版)

 

それでも夜は明ける

アメリカの黒人奴隷についての映画です。
アカデミー賞受賞作品です。
重苦しい映画ですが観ていて引き込まれました。

『それでも夜は明ける』(それでもよはあける、12 Years a Slave)は、2013年のイギリス・アメリカの歴史ドラマ映画(英語版)。
原作は1853年発表の、1841年にワシントンD.C.で誘拐され奴隷として売られた自由黒人ソロモン・ノーサップ(英語版)による奴隷体験記『Twelve Years a Slave(12年間、奴隷として)』である。

ウィキペディア それでも夜は明ける

それでも夜は明ける 公式サイト

それでも夜は明ける(字幕版)

 

クリスマスキャロル

イギリスの小説でとても有名な話らしいのですが私は初めて知りました。
子供も大人も楽しめる映画だと思います。

主人公の老人がとても印象に残る映画です。

『クリスマス・キャロル』(原題:A Christmas Carol)は、チャールズ・ディケンズの小説『クリスマス・キャロル』を原作に、ジョージ・C・スコット主演で製作された1984年のアメリカ映画。

ウィキペディア クリスマスキャロル
クリスマス・キャロル (字幕版)

キャストアウェイ

トムハンクス主演の映画です。

飛行機事故により海に投げ出され、ひとりだけ無人島に流れ着いた男性のサバイバル生活を描いた作品。

サバイバル生活の場面が多いのでトムハンクスのセリフなしの映像が長く続きます。
島の生活の場面ばかりに気をとられ、最初と最後の場面について適当にみていたので話の流れがわからなくなり後日、再度確認しました。

そんなことができるのもプライム会員で観られる映画ならではです。

映画の終わりのほうにはセックス・アンド・ザ・シティのミスタービッグ(クリス・ノース)が出てきて驚きました。
この映画制作時、セックス・アンド・ザ・シティが流行っていたからかもしれません。

この映画のスポンサーが宅配便の会社FeDexなのか映画内にしつこいくらいFeDexの文字が出てきます。

 

ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演作品。両者がタッグを組むのは1994年の『フォレスト・ガンプ/一期一会』以来2度目である。
無人島に流れ着いた男性のサバイバル生活を描いており、シーンのほとんどをトム・ハンクス1人で演じた。

ウィキペディア キャストアウェイ

キャスト・アウェイ (字幕版)

 

子供がヘビーローテーションで観ている映画

マダガスカル

NHKで放送されていたペンギンズはマダガスカルのスピンオフ作品です。

ペンギンズ大好きな息子が毎日繰り返しみています。
マダガスカルの声優陣は玉木宏、柳沢慎吾、おぎやはぎ、高島礼子などとても豪華で驚きました。

マダガスカル (吹替版)

マダガスカル2 (吹替版)

クリエイティブギャラクシー

アマゾンオリジナルの子供向け作品です。
NHKにありそうな子供がアートをつくったり、CGのキャラクターが登場してアートについて説明する作品です。
なかなかおもしろいと思います。

子どもはお気に入りのようです。

 

アーティーの傑作/ウサギの家

Fire TV Stick

スポンサーリンク