book

去年の7月ごろ購入して途中まで読んで放置していたこちらの本を再度読んでみました。

試験は暗記が9割 碓井孝介著

試験は暗記が9割

なぜこの本を購入したのか自分で覚えていません。
資格試験を受けようと思っているわけでもないのになぜ購入したのだろう?と思いました。
アマゾンのレビューの評価が高かったので気になったのかもしれません。

こちらの本の著者は高校時代偏差値35だったが猛勉強の末に関西学院大学法学部に現役合格、さらには大学4年生で合格率2.8%の司法書士試験に在学中合格、大学卒業後は簿記の知識ゼロから勉強を始めて、1年4カ月の学習期間で公認会計士試験に合格された方だそうです。

元々優秀な方なのではないかと思いますが、こちらの本で紹介されている暗記法はすでに自分でわかっているやり方とそうでないものがありましたのでやはり読んでよかったと思います。
他の勉強の暗記法の本をみたことがないのでわかりませんがこちらの本ではかなり具体的に暗記方法が説明されています。

 暗記の達人への第一歩は「三つの鉄則+α」 ───覚えるために、「三つの鉄則+α」を意識せよ!
1.普通の情報はインパクトをつけて覚える
2.複数の情報はまとめて覚える
3.膨大な情報は絞って覚える
プラス
『情報に触れる回数を徹底的に増やす』

本の中では実際のやり方が説明されています。

以下は自分がハイライトをつけた部分です。

これを応用したのが、「声に出して勉強する」という暗記法。覚えたい情報を声に出して読み上げ、耳から音を拾うことが、情報にインパクトを与えて、記憶が強化されていきます。

他の勉強法の本、英語の勉強法の本にも音読は良いと書かれていました。

「忘れる前に覚えなおす」ことで、下落していく曲線をあるべき水準に引き上げるのです。反復学習をするときは「1日後、1週間後、1カ月後」のペースで復習をするといいでしょう。

やはり繰り返しが大事なようです。

なんとなく全体を暗記するのではなく、「入れ替えやすいところはどこ? 変えても意味が通る部分はどこ?」という視点で覚える情報を絞って

自分が出題者になってみたらわかりやすいようです。

自分が得点した問題のうち、どの分類の問題から何%の得点を得られたかを確認してください。たとえば、100点満点の試験で50点とれたとして、そのうちの8割以上が基礎問題と標準問題から得点できたのであれば知識状態としては健全です。

下手に応用問題に手を出すより基本をパーフェクトにおさえるほうが重要なようです。

「1000のあやふやな知識よりも、100の確実な知識を」。私が受験生だったころに予備校の先生から教えられ

問題集を3冊こなすより、1冊の問題集を3回転させた方がいいという内容でした。

こちらも勉強法の本でよくみかけます。

一回の勉強時間を短時間に設定して、間に休憩をはさんで勉強することで、最初と最後に触れる情報を意図的に増やすようにするのです(図表6‐2)

学校の授業のように50分で区切るといいそうです。

問題演習を行う上で大切なことは「解説を覚える!」ということ。解答だけでなく、問題と解答を結び付ける解説を頭のなかにたたき込んでください。試験対策上、解説を覚えることは非常に効果的です。

一つの話が終わると、次の話にうつるためにわざと時間をおく先生もいます。これらが、授業の「間」です。
授業中に暗記ができる人は、この「間」を利用しています。

頭が良い人はこういうことなのか・・と思いました。

まとめ:‥1日の学習ノルマを、「時系列手帳」で映像化せよ!

なんでも映像化することがわかりやすくていいらしいです。

文章を書くとき、メモを取るときは、可能な限り「マイ略字」を使う
文章を読むときは、「具体例、理由、言い換え」はカッコをつけて読む

これはやったことがないことでした。

まとめ:‥日常生活のなかで目につく場所には、勉強のための紙を張る紙が目につく度に、思い出す

これもやったことがないことでした。
以前テレビで東大を目指していた山田雅人さんが家中に貼り紙をしていたのを思い出しました。

まとめ:‥お金を投資して、引くに引けない状況をつくる

これが一番効果的な気がします。

こう考えると、「スランプ」で悩むのは無駄だと分かるでしょう。勉強をしても成績が上がらない期間があるのは当然で、「スランプ」だと思っていた期間は成績が上がるための一つの過程に過ぎません。「踊り場期間」を終えて、知識のセットができあがったら成績がもう一段上がる!
こう信じて、勉強を続けることが大切なのです。

こういう考えをもって勉強を頑張りたいものです。

読者のみなさんに効率的な暗記法を伝えながら、「暗記が大事」という、当たり前のことなのにあまり公言されてこなかった大前提の事実も伝えていこうという趣旨で執筆が始まりました。

勉強はやはり暗記も大事だということがわかりました。
大人になると暗記はより苦手になっていくような気がします。

碓井孝介さんのブログこちら

スポンサーリンク